マット・マクマレンと彼が開発したハモニーのセックスロボット
ハーモニーと比較して、ヘンリーの機能ははるかに強力です。 12のパーソナリティモードから選択でき、ユーザーがシミュレートされた体温を感じることができる熱センサーも装備されています。しかし、McMullanはさらに追加したいと考えています。結局のところ、Realbotixは、そのセックスロボット製品が将来の異性愛者のニーズを満たすだけでなく、LGBT市場を開くことを望んでいます。

生産ラインハモニーの内部構造
ヘンリーの売り上げは同社のセックスロボットの10%しか占めていませんが、マクマレンは女性とLGBTの人々が将来的に主要な消費者グループになると信じています。 「性的快楽はその機能の1つですが、それだけではありません。」マクマレンは、女性が性的興奮を感じたい場合、インセンティブの大部分は親密さと感情的なコミュニケーションから来ると分析しました。彼らは寝る前に慰められることを望んでいます。寒さで尋ねられたとき、この「パートナー」が彼の誕生日、趣味、さらには下着のサイズさえ覚えていて、持ち帰りを注文してゴミを出すのを手伝ってくれることを願っています。しかし、男性は違います。彼らはロボットが彼らに本物の人のように完璧なオーラルセックスを与えることができるかどうかだけを気にします。

https://mailovedoll.jp/
人気ラブドール
https://mailovedoll.jp/lovedoll/hot-love-doll/